0
    1917

     

    先日の米アカデミー賞®でポン・ジュノの「パラサイト」に破れた、サム・メンデスの「1917」である。

     

    前評判では、「2時間ワンカット」だの「ものすごい没入感」だの騒がれていたのだが、果たしてどうなのか。

     

     

     

    物語は、伝令役を命令された若い二人の兵士が、撤退したドイツ軍の占領地域をさまよいながら、無事に味方の最前線まで行けるのかというもの。

     

    当然、待ち伏せする敵兵の急襲あり、トラップ爆弾あり、と簡単に進めさせてはくれない。

     

    二人の兵士が乗り越えて行くのは、瓦礫や鉄条網だけではない。

     

    死んだ兵士やネズミがたかる腐った肉体。

     

    そうした戦争の産物をを掻き分け、何が何でも乗り越えていかなければならないのである。

     

    前半、カメラは二人の兵士の前となり後となり、ワンカットで二人の行軍を描写する。

     

    これが「没入感」となるカメラワークである。

     

    その様は、僕が大好きでよく見ているNHKの海外マラソンレースのドキュメンタリー番組そっくりだ。

     

    山を登り、崖を駆け下りるランナーたちの背中にピッタリとついて走るカメラあり、待ち受けて前方からバック走しながら写すカメラあり。よくぞこんなところでカメラマンが撮影しているものだ!

     

    それを戦場でやっているのだが、前評判ほどワクワクドキドキしないのは、すでに見慣れたカメラワークだからだろう。

     

    撮影の難度でいえば、山岳レースの方が断然難しい。

     

    さらに、この手の映像の既視感は何だろうと探れば、ゲームに行き着く。

     

    確かに実写映画でやりきるのは大変だろうけれど、ゲームではこんなのは当たり前なのである。

     

     

     

    次に話題の2時間ワンカットであるが、実際には途中で何箇所か編集ポイントがある。

     

    もっとも兵士の過酷な1日を2時間ワンカットで写すのは物理的に無理だ。

     

    昼間から夜になり、朝になる中、「なぁんだ、ワンカットじゃないんだ」と思ったら、ますます映画から気持ちが離れてしまった。

     

    ただ本作が観客を惹きつける部分は、むしろそうしたカメラワークではなく兵士の使命感の方だ。

     

    何がなんでも最前線へと彼らを駆り立てるもの。

     

    一つは、伝令に失敗すれば敵の罠にかかって1600人の仲間を失うという恐怖感。そしてもう一つが仲間の兄の元にいかなければというもの。

     

    これは太宰治「走れメロス」と比較がされると思われるが、この上等兵を前へ前へと突き動かすのはまさにその思いなのだ。

     

    逆に言えば、ここのドラマをもっと強く描いたならば、何もワンカットのカメラワークにこだわる必要もなかったのではないか。

     

    本作は監督のサム・メンデスのお祖父さんから聞いた実話だというが、電話もネットもある今からすれば、なんとも古めかしい話である。

     

    唯一、見終わって言えるのは、「パラサイト」の方が作品賞を取ったのに異論はないということである。

     

    | 座付き作家 | 映画の感想 | 04:05 | comments(0) | - | - |
    0
      新型ウィルスとマラソン大会

       

      ついにここまで来たか?

       

      先ほど、3月1日に開催予定の東京マラソン2020が一般参加者の出場を取りやめると発表された。

       

      東京マラソンといえば3万8000人が走る国内最大のマラソンイベントである。

       

      幸い(?)にも、僕は今回も落選したのでそもそも関係ないのだが、13倍をくぐり抜けた当選者の無念さを思うと胸が痛くなる。

       

       

       

      昨日の青梅マラソンも、直前まで開催か中止か、ネットであれこれ騒がれた。

       

      幸い、ブログにも書いた通り、こちらは高橋尚子さんによるハイタッチが"自粛"されたくらいで、通常通り開催された。

       

      (Qちゃんとのハイタッチであるが、僕は以前、岐阜の大会でしっかりハイタッチしてもらっている)

       

      ちょっと冷静に考えてみたいが、マラソン大会を中止にする必要があるのか。

       

      新型ウィルスの感染力に関していえば、(よくわからないところがあるが)濃厚接触や感染者と密室で過ごした場合に限られるようだ。

       

      その意味でいえば、屋外のレースであるマラソン大会で、いくら混雑しようとも選手間で感染することがあるのだろうか?

       

      昨日でいえば、もちろん移動中の電車の中や、更衣室の中ではマスク着用に加えて、こまめに手洗いを心がけたものの、レース中は流石にマスクは外して走った。(苦しいからね)

       

      ただ、フィニッシュした直後、僕の横にいた選手が嘔吐したのである!

       

      口から吐瀉物を吐き出したので、慌てて離れたが、流石に吐瀉物を引っ掛けられたら危ない。

       

      さらに、用心深く考えるならば、途中のエイドステーションでの給水や給食(青梅マラソンでは名物のへそまんじゅうが配られた)時の感染も疑われる。

       

      また、沿道の応援者が差し出すチョコ(僕もいただいた!)や水にも同じことが言える。

       

      果たしてそこまでウィルス対策ができるかといえば、正直無理だったろう。

       

      フィニッシュ後に首にかけてもらった完走メダルを通して感染が広がることすら、可能性ゼロとはいえない。

       

       

       

      東京マラソンの場合、参加者が3万8000人ということで、レース中の接触感染というよりは、いたずらに人混みを作ることを避けたのだと思う。

       

      さらに大会ボランティアも含めれば5万人規模の人が移動する。

       

      その中で2次感染、3次感染が起こってしまえば、大会主催者は厳しく糾弾されるだろう。

       

      そのための一般参加者排除ではないだろうか。

       

      ま、賢明な決断なのだろうが、さて、用意したTシャツやら何やらをどう処分するのか。

       

      また、支払ったエントリー料の払い戻しはされるのか?(僕の経験では、これまで払い戻されたことはほとんどない)

       

      あるいは、来年の大会エントリーへの振替が優先的にされるとなると、僕のような落選者が来年、当たる可能性はほとんどないことになる。

       

      さらにこの中止が、今後、事によると東京オリンピック2020への前例になる可能性すらあるのである。

       

      マラソン愛好者に限らずとも、しばらくはこの問題から目が離せない。

       

       

       

       

      | 座付き作家 | ランニング | 05:57 | comments(0) | - | - |
      0
        青梅マラソン

         

        昨日の青梅マラソン30k、無事に完走しました。

         

         

         

        午前11時30分のスタートまで、雨の中、着替え場所の小学校で待機。

         

        この分だと、また雨のレースになるかなと思っていたら、運良くスタート時間が近づくにつれて空も明るくなり、雨はこやみに。

         

        慌ててレインジャケットをウィンドジャケットに着替えた。

         

        出場選手1万5千人。

         

        もちろん東京マラソンと比べれば半分だけれども、一般道路に延々と並んだ選手の列の長さに驚いた。

         

        僕はGからのスタート。

         

        エントリー時に予想タイムを申告するのだが、果たして何分で申告したのか忘れてしまったが、スタート直後の混みようが物凄くて、できればDかEあたりでスタートをしたかった。

         

         

         

        青梅マラソンは、市民マラソンの元祖として知られる。

         

        青梅の一つ手前の河辺駅をスタートし、青梅線に沿って15km行って折り返す2Wayコースだ。

         

        往路がちょっと登り基調となるものの、その分、復路が下り基調となる。

         

        ただ、片側一車線の狭い道路を1万5千人のランナーが走るので、スタートしてしばらくは前後左右びっしりで、どうにもならない。

         

        大抵のレースではスタート後、5km程度でばらけるものだが、8kmになっても抜けないのはストレスが溜まる。

         

        昨日は僕の大好きな福島和可菜さんも一緒に走ったので、折り返しで彼女の姿を探しまくったのだが見つからなくて超残念。

         

        プロ転向した川内優輝選手や東京2020女子マラソン日本代表の前田選手などの姿は確認できたのに・・・

         

        レースは、往路で足を使った分、復路で意外にもスタミナ切れとなってしまい、沿道の市民からの差し入れのチョコレートをかじって急場をしのぐ。

         

        かろうじてこれが効いた。

         

        ガス欠寸前の体に、ちょっぴりだけど燃料が入って、残り5km、ピッチをあげてフィニッシュへ。

         

        2時間41分。(ネットタイムで2時間36分)

         

        全体で3000位くらいと、今一つの結果だった。

         

         

        | 座付き作家 | ランニング | 06:10 | comments(0) | - | - |
        CALENDAR
        SMTWTFS
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        【お知らせ】けんぞー武者修行#1「ノート」公演
        前作「南瓜」から1年半。今回から"けんぞー武者修行"と銘打って、役者・建蔵が可能性を広げるべく挑みます。 第一弾はなんとピアニスト糸井恵理子さんをお迎えして、フランツ・リスト他の演奏とのコラボレーション。 どんな舞台になりますか、乞ご期待。 「ノート」公演概要 2014年4月5日(土)14時/18時 開場は30分前 両国門天ホール 前売り2,800円(税込)当日3,000円(税込) 出演:建蔵 糸井恵理子 作・演出 平岩モトイ ご予約:amd.ara@ezweb.ne.jp (折り返し確認メールが行きます)
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ