0
    MINATOハーフマラソン完走

     

    "増上寺をスタート、東京タワーでゴール"

     

    都心・港区を走るハーフマラソンレースMINATOハーフマラソン。

     

    昨日が第一回目の開催だった。

     

     

     

    今回、僕はテニス仲間と参加。

     

    幸い気温も低めと、走りやすいコンディションで、全員が無事にゴールすることができた。

     

    夏から月一で練習会を重ねてきて、まずはホッとしている。

     

     

     

    コースは冒頭にも書いたように、増上寺前をスタートし、神谷町から飯倉へと登って赤羽橋へと下り、一旦は麻布十番方面へ向かって新一の橋手前で折り返し。飯倉の坂を再び登って虎ノ門から日比谷へ。

     

    ここまででおよそ5キロ。

     

    再び増上寺の前を通ってちょろっと臨海部で折り返し、さらに札の辻から品川へ向かって、品川駅手前で折り返すと15キロ地点。

     

    残り6キロを、三度増上寺の前を通って虎ノ門、神谷町、飯倉の坂を登ったら、あとは東京タワーへまっしぐら。

     

    折り返しの多いコースだ。

     

     

     

    第一回目とあって、万全の運営体制が敷かれたのと対照的に、沿道の応援はまばら。

     

    休日人口が少ない上に、一般区民にはまだまだ浸透していないようだ。

     

    ただ、虎ノ門のVOLVOショールームではずらりと並んだ新車がハザードランプを点滅させて応援してくれたり、むしろお店や企業が積極的に応援をしてくれた印象があった。

     

    これがあと何回か続けば、もう少し盛り上がって行くのではないか。

     

    12月の最初の日曜開催ということで、那覇マラソン、ホノルルマラソンあたりとかぶってくる可能性があるが、都心を走るハーフマラソンという性格をきちんと打ち出していけば人気の大会となるだろう。

     

     

     

    東京タワーでゴールしたあと、おしぼりで顔を吹いたら真っ黒になった。

     

    これも都心のレースの影響だろうが、風光明媚な場所を走る大会と違って、空気が汚いのは困ったものだ。

     

     

     

     

     

    | 座付き作家 | ランニング | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    0
      銀杏並木

       

      秋の風物詩となっている”神宮の銀杏並木"を走った。

       

      実は、ここを通って慶應大学病院の間を抜けて、四谷を回るコースは僕の通称「北回りコース」。

       

      一周およそ10kmとちょうどいい距離なのだが、最近はそれより短い通称「南回りコース」8kmを走ることがほとんどだ。

       

      この2kmの差が、今の僕の実力に正比例している。

       

      数年前までは月間走行距離300kmだったものが、最近は平均200kmほどと減っている。

       

      月に100kmというと大きいが、日々に換算すれば3kmほどづつショートした計算だ。

       

       

       

      話を銀杏並木に戻そう。

       

      毎年、10月中旬から下旬にかけて真っ黄色に色づく銀杏並木だが、今年は例年よりも少し遅いようだ。

       

      今が真っ盛り。

       

      朝8時から大勢の見物客が訪れており、カメラの前で銘々お気に入りのポーズをとっている。

       

      そんな間を撮影の邪魔にならないように、かき分けかき分け、そろりと走り抜けるのだが、見物客からすれば「わざわざこんなところを走らなくてもいいのに」と思われていることだろう。

       

      何気なく耳に飛び込んでくるのは、韓国語、そして中国語ばかりだ。

       

      観光旅行の一環で訪れたのだろうが、朝早くからご苦労なことだ。

       

       

       

      ちなみにランナーにとって銀杏並木が嬉しいのは、その景色だけではない。

       

      この後、散り積もる胃腸の葉が、まるで絨毯のように重なって、その上を走るとフカフカで足も優しい。

       

      ちょっとしたことなのだが、普段アスファルトの上ばかり走っていると、このフカフカな数百メートルを走るのがとても楽しいのだ。

       

      シューズを履いた人間でも感じるのだから、裸足の犬や猫にとってはもっと感じるに違いない。

       

      これからどんどん積もって、来年の2月くらいまでの間、フカフカ絨毯状態が続くのだ。

       

      せめてその間は、ちょっと足を延ばすつもりで「北回りコース」をもう少し頻繁に採用するとしよう。

       

       

       

       

      | 座付き作家 | ランニング | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      0
        MINATOシティハーフマラソンのTシャツ

         

        MINATOシティハーフマラソンの参加Tシャツが送られてきた。

         

        色は紺色。

         

        胸元から何やら白線が引かれていると思ったら、よくよく見れば数字の1である。

         

        ということは、来年はこれが2になるのだろうか??

         

         

         

        それより何より不可解なのが前と後ろにプリントされた謎のロゴ。

         

        "SVOLME"

         

        はて?どこかのスポーツメーカーのロゴだろうか?

         

        協賛スポンサー?

         

        特にバックの腰あたりにでっかくロゴがプリントされているのは、いささかやりすぎでは?

         

         

         

        ほとんどのマラソン参加賞Tシャツがダサダサな中にあって、まぁ、それなりではあるが、このロゴだけが訳わからない。

         

        ともあれ、濃紺のTシャツを着た8千人のランナーが走る様を想像すると、カラスの大移動のようで気持ちも暗くなる。

         

        あとは当日の天気がいいことを祈るばかりである。

         

        | 座付き作家 | ランニング | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        CALENDAR
        SMTWTFS
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        【お知らせ】けんぞー武者修行#1「ノート」公演
        前作「南瓜」から1年半。今回から"けんぞー武者修行"と銘打って、役者・建蔵が可能性を広げるべく挑みます。 第一弾はなんとピアニスト糸井恵理子さんをお迎えして、フランツ・リスト他の演奏とのコラボレーション。 どんな舞台になりますか、乞ご期待。 「ノート」公演概要 2014年4月5日(土)14時/18時 開場は30分前 両国門天ホール 前売り2,800円(税込)当日3,000円(税込) 出演:建蔵 糸井恵理子 作・演出 平岩モトイ ご予約:amd.ara@ezweb.ne.jp (折り返し確認メールが行きます)
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ