0
    ニンジャバットマン

     

    驚きました!

     

    なんじゃ、これ、ものすごくカッコイイんです!

     

    あのバットマンが戦国時代の日本にタイムスリップとは!!

     

    こんな企画が通るとは、にわかに信じられない上に、クオリティーが「半端ない」わけです。

     

    ちなみにアニメ制作は、近頃何かと話題の神風動画。

     

     

     

    正直言って、全く期待してませんでした。

     

    それでも脚本が中島かずき氏と知って、一応チェックしに行ってみたわけです。

     

    ところがどっこい、人を食ったようなこのアニメ、とんでもないクオリティーなんです。

     

    なにせバットマンと悪役たち(ジョーカー、ペンギン他)が揃って日本の戦国時代にトリップして戦うという破天荒ストーリーながら、力のこもったアニメが本作を思いつきニッチ作品に留めません。

     

    というか、異様にカッコいいんです!

     

    いわゆる和風仕立てなのですが、ウェス・アンダーソンの「犬が島」のような「なんちゃって和風」ではなく、ゴリゴリの和風なわけです。(日本人が作ってますから)

     

     

     

     

    ただ、正直言うと一番期待した脚本がいまいちなんです。

     

    と言うか、良くも悪くも歌舞伎もどきと言うか、劇団新感線の芝居のケレン味そのままなんですけどね。

     

    流石に中島先生も、この企画にちょっとびびったんじゃないかと思いますね。

     

    だって、○同士が戦って、最後は○が合体ですよ?

     

    これじゃ、ジャパニーズ・ロボットアニメまんまじゃないですか。

     

    しかしながら、そこかしこにイイセリフがちりばめてあって、その辺りはきちんと押さえてあります。

     

     

     

    実は、僕の座った席の前の方に外国人3人組が座っていて、彼らがどう思ったのか聞いてみたかったのですが、終了後の彼らは何も喋らず、呆然としていた様子だったので感想を聞き取れずに残念でした。

     

    その分、大学生らしき男子が「めちゃくちゃかっけーー」と、ボキャブラリーの薄い感想を言い合っていたので、だいたい観客はそんな感想なのかなぁと推測します。

     

    僕としても珍しくグッズ売り場をうろついて、あわよくばTシャツなんぞ購入しようかと思ったのですが、一切のグッズがすでに売り切れ。

     

    あら?残念。

     

    『君の名は。』のメガヒットの後、いかにもな『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか』がひどい内容だったのに対して、さすが虚淵玄脚本の『GODZILLA』が独特のアニメ表現を打ち立てたのに続き、日本のアニメの新しい力を見せつけてくれたように感じます。

     

    これこそIMAXか4DXでもう一度見てみたいアニメですね!

     

    ちなみにBluerayになったら、絶対買いますよ。

     

     

    | 座付き作家 | 映画の感想 | 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    0
      空飛ぶタイヤ

       

      福山雅治さんが屋外看板を眺めながら「TIREでなく、TYREだ」と書き直しを指示するテレビCMが流れている。

       

      随分と強引なCMだなぁと思って見たのだが、念のため辞書を引くと[ a  tire / tyre(英国で使われる)]とあった。

       

      ところで、日本語表記の場合は「タイヤ」なのか「タイア」なのだろうか。

       

      普段何気なく見過ごしているものを突き詰めると、余計に訳わからなくなるものだ。

       

      「空飛ぶタイヤ」とは、一見楽しげな題名に聞こえるものの、池井戸潤氏の代表作だけにいまさらファンタジーと思って見にくる人もいないだろう。

       

       

       

      映画『空飛ぶタイヤ』は、小さな運送会社の社長が、巨大な自動車会社のリコール隠しに迫る人間ドラマである。

       

      他の池井戸作品同様、踏みつけられた男が最後に一発逆転に成功するというわかりやすいカタルシスを持っており、わかっていても、つい胸が熱くなった。

       

      が、僕個人の感想としては、キャスティングに異論ありである。

       

      というのも長瀬智也さんが、どこからみてもチンピラで、言葉も乱暴で、とても真面目な運送会社社長には見えないのだ。

       

      邦画製作においてキャスティングは最重要課題だ。

       

      主演を誰にするかで、興行収入がガラリと変わることもある。

       

      その意味で長瀬智也さんが候補に上がったのもよく理解できる。

       

      いや、そもそも長瀬さんがダメだと言っているのではない。

       

      男っぽい役が似合う役者さんだと思ってもいる。

       

       

       

      ただ、本作においては役作りの方向が違うのではないかと感じた。

       

      社員思いの熱血社長という設定にはなっていると思う。

       

      だが、コテンパンにやられて憔悴する運送会社の社長には見えなかったということだ。

       

      さらに自動車会社とのやりとりでも、しきりに恫喝するような言動を繰り返すために、この社長さんに共感することができなくなってしまった。

       

      そもそもジャニーズのタレントさんたち全般に思うのは、滑舌が悪すぎるということである。

       

      アイドル出身でも、俳優として活動する以上、やはりセリフの明瞭さは必要だと思うのだが。

       

      仮に滑舌が悪いなら、その分、セリフを減らすなり、演出の仕方があるのではないか。

       

       

       

      また、社長が日々、大変な思いをしているというのに、奥様のノーテンキぶりも目に余る。

       

      そもそもタイヤが外れて主婦が死んだ現場は、カーブでブレーキを踏んだらタイヤが外れたはずが、何度も花を手向ける道路は直線で、しかもタイヤが当たって跳ね上がった縁石もいつの間にかなくなっていたのには唖然とした。

       

      そうした細部の作り込みの甘さが、ひいては映画全体を甘くするのではないだろうか。

       

      最後に流れたノーテンキな主題歌に耐えきれず、早めに席を立った。

       

       

       

      | 座付き作家 | 映画の感想 | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      0
        ファントム・スレッド

         

        男と女は、映画がもっとも好む題材の1つである。

         

        ただし『ファントム・スレッド』の場合の男と女は、ちょっと変わっている。

         

        いわゆる男と女の攻守が入れ替わっているというか・・・

         

         

         

        ダニエル・デイ・ルイス演じる男は、気難しい男である。

         

        オートクチュール界きってのデザイナーである彼は、常に神経ピリピリで、周りは彼に気を使う。

         

        そんな男が偶然、田舎のカフェで目にしたウェイトレスに「恋をする」ところから本作は動き始める。

         

        「今夜、食事をしませんか?」と誘われた彼女は、男の紳士ぶりと財力にうっとり、誘われるままに男のアトリエへとついて行った。

         

        そこは大勢の縫い子の女性が働き、男の姉が経営を仕切るクチュリエであった。

         

        その日から、元ウェイトレスはモデルとして生きることになった。

         

         

         

        彼女の立場は微妙である。

         

        男の愛人でありながら、構ってもらえず、男は彼を生きるマネキンとしか見てくれない。

         

        朝食の席で音を立てると叱られ、ひっそりと息をひそめる毎日。

         

        男の関心を惹こうとするが、彼女のやること全てが男には気に入らない。

         

        ほとんど放置プレーだ。

         

        普通、こういう状態におかれたならば、女はさっさと家を出て行くだろうが、彼女がとったのは無理やり男を自分に振り向かせることだった・・・

         

         

         

         

        ポール・トーマス・アンダーソン監督の美学に貫かれた本作、その様式美や衣装を賞賛する声は高い。

         

        しかし、僕がどうにも腑に落ちないのは人間心理の部分である。

         

        男は、なぜ彼女のするままになるのか。

         

        もし、僕が男だったら、あんな女、さっさと追い出すだろう。

         

        映画は、男の亡き母への愛情、いわゆるマザコン的性向を暗示するが、だとすると彼は女に母性を求めたということなのだろうか。

         

        ダンディズムに対する女の粗野な振る舞い方、そして何より僕好みの女優ではないところが障壁となって、作品に共感できなかった。

         

        そう、この得心できない愛の形は『ポン・ヌフの恋人』を見た時と同じである。

         

        男と女の愛の形には、僕の理解が及ばない、いろいろな形がある。

         

         

         

         

        | 座付き作家 | 映画の感想 | 05:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        CALENDAR
        SMTWTFS
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        【お知らせ】けんぞー武者修行#1「ノート」公演
        前作「南瓜」から1年半。今回から"けんぞー武者修行"と銘打って、役者・建蔵が可能性を広げるべく挑みます。 第一弾はなんとピアニスト糸井恵理子さんをお迎えして、フランツ・リスト他の演奏とのコラボレーション。 どんな舞台になりますか、乞ご期待。 「ノート」公演概要 2014年4月5日(土)14時/18時 開場は30分前 両国門天ホール 前売り2,800円(税込)当日3,000円(税込) 出演:建蔵 糸井恵理子 作・演出 平岩モトイ ご予約:amd.ara@ezweb.ne.jp (折り返し確認メールが行きます)
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ