0
    一度死んでみた

     

    自粛疲れ?

     

    確かに、そんな気分にもなろうというものだ。

     

    せっかく桜が満開だというのに花見はできないし、追い打ちをかけるように寒さがぶり返したと思ったら雨に強風。

     

    桜をこれでもかと痛めつけるような状況に、もし桜が拗ねて来年咲かなくなったらどうするつもりだ?

     

     

     

    今週末も外出自粛が予定されているが、そんな間隙を縫って映画館へ。

     

    あまり深刻な映画は見たくないので、一番頭を使わなくて良さそうな本作をチョイス!

     

    「ロミオとジュリエット」を父と娘に置き換えたといった趣向。

     

    着想は悪くない。

     

    しかも超豪華キャストが出るわ出るわ、三谷幸喜作品かと思うほどであるが、それもそのはず脚本を担当したのが電通の澤本さんだ。

     

    「いかに天才CMプランナーだとはいえ、映画の脚本をなめてもらっては困りますよ」と、偉そうに言うつもりだったのだ。

     

    見る前までは……

     

    ところが……、「あれ?めっちゃシナリオの勉強してはるわー!」

     

    シナリオゼミに先生としての評価は「100点!」。

     

    まるでガンツ先生のような言い方になってしまったが、実に細かく伏線を回収してあって非の付け所がない!

     

     

     

    では、映画としてどうなのか?

     

    こちらは残念ながら辛い点になるのだが、良くも悪くも「CM作家が作ったギャグ映画」の域を出ていないように思う。

     

    私が一番残念に感じたのは、そもそもの設定ミスである。

     

    広瀬すず演じる一人娘が、徹底的に父親嫌いというところであるが、そんなに父親嫌いだったら別居するだろうし、そもそも口もきかないと思う。

     

    中学生ならまだしも、父親と自分用に2台の洗濯機があったり、家の中を仕切り線で区切って「ここから入ってくるな」的な表現は面白くはあるけれど、いかにもCM的なギミックだ。

     

    広瀬すずがいっそ小学生とか中学生ならまだわかるが、そうなるとキャストミスということになるだろう。

     

    いい年して、父親嫌いを叫び続けている広瀬すずが痛すぎる。

     

    そのために最初から「父親嫌いと口では言っている娘」が「最後には父親への愛に気づく」ことがモロバレしてしまっており、映画は冒頭のわずか5分でラストシーンを提示してネタバレしてしまっている。

     

    そのために「どうなるんだろう?」というドキドキハラハラもなく、以下2時間は退屈な消化試合と化してしまった。

     

    これほどチャラくて浅いドラマなら、危険を冒してまで映画館に行かなくてもスマホで見れば十分だ。

     

    新型コロナウィルスで死者が増えてくると、題名が題名だけに上映自粛というつまらない展開も見え隠れする。

     

    | 座付き作家 | 映画の感想 | 05:31 | comments(0) | - | - |
    0
      ジュディ

       

      新型コロナウィルスのせいで、映画館で映画を見ることに後ろめたさを感じている。

       

      まるで親の目を盗むようにして映画を見るこの感じ、中学生の頃を思い出させる。

       

      当時、田舎の中学生にとっての映画館は「不良の溜まり場」。

       

      実際、昼間の映画館にいるのはヤクザっぽい人か、水商売風の女性か、自分のような学校をずる休みしているのが多かった。

       

      なにせ映画館は暗闇の世界。堂々とタバコが吸えた時代である。

       

      学生服の上着を脱いで何食わぬ顔で座っていると、時々、補導員が回って来て慌てたり……。

       

      そんな映画が持つ後ろめたさを、何十年も間すっかり忘れていた。

       

       

       

      後ろめたさを感じながら見たのは、やましいところなど1ミリもない映画『ジュディ』である。

       

      国民的人気俳優ジュディ・ガーランドをレネー・ゼルウィガーが演じて、アカデミー賞®主演女優賞を受賞した。

       

      ゼルウィガーといえば何と言っても『ブリジット・ジョーンズ』であるが、本作の彼女はガリガリの痩せた体であり、とても同じ女優とは思えない。

       

      本作が描くのは晩年のジュディ・ガーランドであるが、僕にとってのガーランドは『オズの魔法使い』のドロシーであり『イースター・パレード』でアステアの相手役のダンサーでしかなく、彼女の晩年と言われてもさほどの興味も共感も起きなかったのは事実である。

       

      つまるところ、僕はガーランドにさほどの思い入れを持っていなかったのである。

       

      これが本作の感想に尽きる。

       

      その意味でいえば、本作が「事実に基づいた物語」でなくて、どこかの誰かのフィクションであったとしても、全く同様の印象を受けただろう。

       

      やっぱり、こうした伝記ものの場合、製作の時期による印象の違いが大きいのだなと一人納得。

       

      亡くなってから、あまり時間がたちすぎていても「ふーん」になっちゃうし、逆に近すぎると生々しくなる。

       

      かつて映画会社の上司に「映画で伝記ものをやるなら、当人が亡くなってからでないとダメだ」と言われたことがある。

       

      その時はピンクレディーの映画を企画していたのだが、「まだ、生々しすぎる」と却下されたのだった。

       

      昨年大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』のクイーンの場合、まさに絶妙のタイミングだったわけで、クイーンが完全に過去のグループになっていなかったあたりにもヒットの要因が挙げられる。

       

      その意味でいえば、マイケル・ジャクソンやアバもそろそろいいタイミングなのではないかと思えるし、つい先日お亡くなりになった志村けんさんとも、ぜひスクリーンでお会いしたいものである。

       

      | 座付き作家 | 映画の感想 | 05:59 | comments(0) | - | - |
      0
        休館

         

        不要不急の外出を控えて欲しいと言われた週末。

         

        どこまでが不要不急なのか、考えてしまうが、とりあえず予約していた美容室をキャンセルさせてもらった。

         

         

         

        驚いたのは、夕刊の映画欄。

         

        軒並み「休館いたします」の文字である。

         

        普段意識することがないが、実は映画館は365日お休みなしである。

         

        それが2日間連続で休館である。

         

        これまでにも岩波ホールやBunkamuraなど、自主的に休館してきた館はあったが、TOHOシネマズの週末休館をはじめ、軒並み休館となった。

         

        (暇だから映画でも見ようかな、は出来なくなった)

         

        願わくば、これが今週末だけのことにして欲しい。

         

        来週から、日常生活が戻ってくるように願うばかりだ。

         

         

         

         

        | 座付き作家 | 映画の感想 | 09:03 | comments(0) | - | - |
        CALENDAR
        SMTWTFS
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        【お知らせ】けんぞー武者修行#1「ノート」公演
        前作「南瓜」から1年半。今回から"けんぞー武者修行"と銘打って、役者・建蔵が可能性を広げるべく挑みます。 第一弾はなんとピアニスト糸井恵理子さんをお迎えして、フランツ・リスト他の演奏とのコラボレーション。 どんな舞台になりますか、乞ご期待。 「ノート」公演概要 2014年4月5日(土)14時/18時 開場は30分前 両国門天ホール 前売り2,800円(税込)当日3,000円(税込) 出演:建蔵 糸井恵理子 作・演出 平岩モトイ ご予約:amd.ara@ezweb.ne.jp (折り返し確認メールが行きます)
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ