0
    真夏の夜のジャズ

     

    夕方に出かけようと思ったら、、、

     

    突然の雷雨と土砂降り!

     

    稲光と激しい雨に降り込められてしまった!

     

     

     

    そもそもバッグを変えたのが失敗だった。

     

    昨日は仕事帰りに京橋の国立映画アーカイブへ回るつもりで、J R でそのまま新橋まで行ったのだ。

     

    ふと気がついて、バッグの中を探ると、、、

     

    ないっ!

     

    いつもトートバッグに常備しているメガネが、出がけにショルダーバッグに持ち替えたために入っていない?

     

    新橋から目的地の京橋まで、地下鉄でわずか2駅だというのに。

     

    結局、メガネを取りに一旦、自宅までもどることにした。

     

     

     

    恥ずかしながら、ここ数年来、車を運転する時と映画を見る時にメガネが必要である。

     

    特に映画を見る時にメガネなしだと、全体にぼやけてしまうのと、字幕の文字が読めない。

     

    それでメガネを取りに、仕方なく家に戻った途端に前述の嵐である。

     

    やれやれ・・・

     

    こんな雨の中、再び地下鉄に乗って京橋くんだりまで行くのか・・・

     

    よっぽどサボろうかと思ったが、演目が「真夏の夜のジャズ」なのだ。

     

    かれこれ50回は見たであろう映画(レーザーディスクを買って持っている)であるが、久しぶりにどうしても見たくなってしまった。

     

     

     

    これはニューポート・ジャズ・フェスティバルの記録映画。

     

    いっとき、TVCMのバイブルと言われて、多くのクリエイターたちがこの映画を競ってパクったものだ。

     

    かくいう僕もその一人である。

     

    撮影したのが写真家というだけあって、港の水面のゆらぎから始まって、ステージ上のジャズ・ジャイアントたちと、当時の観客たちの生態が、それはおしゃれに切り取られている。(コカ・コーラCM「I Feel Coke」そのもの)

     

    国立映画アーカイブに詰めかけた満席の観客は、後ろからみると薄かったり白かったりする人ばかりで、「往年の」という言葉がぴったりの客層だ。(僕も含めて)

     

    ただ、残念だったのは画質が思った以上に悪かったことだ。

     

    国立映画アーカイブでの上映ということで、てっきり35mmフィルム版だと思ったら、昨日はDCP上映であった。

     

    全体に古いVHSを見ているようで、僕の大好きな'60年代の映像美に「酔う」ところまでは行かなかったな・・・

     

    せっかくの機会にフィルムで見れなかったのが至極残念。

     

    映画終了時に巻き起こった拍手も、そのせいか力がこもらないものに感じた。

     

    30年前に僕の心を震わせた何かが、そこにはなかったのかも知れない。

     

    | 座付き作家 | 英会話で拾い話 | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    0
      読者が3万人?


      恒例の英会話レッスンの日。先生のTちゃんがうれしそうに「外国のTV局が私のブログを読んで、取材にくることになった」と話した。

      へえー!そりゃすごいね。

      Tちゃんが2年ほど前から渋谷近辺のレストランのブログで紹介しているのは知っていた。いわゆる食べブログである。

      それが外国のTVプロデューサーの目に止まったというのだから大したものだ。ただ、知る限りそんなに頻繁に更新していないというし、特別なお店を紹介しているわけでもないらしい。そこで聞いてみたのだが、大体一日にどれくらいアクセスがあるの?

      3万人くらい。

      え?3万人?一日に?

      世界中でたったの3万人。ほとんど無に等しいわ。

      そりゃそうかもしれないけど、僕のブログなんて一日に300人だよ。

      するとTチャンは答えた。

      「I write it in English」

      なるほど英語は世界共通語のようなものである。英語で書けば世界中でそれくらいの読者が見るということだろうか。

      逆にいえばドメスティックな日本語で書いている限り、世界中から見られることはあり得ないわけだ。

      するとTチャンが言うには、「you should write in English」。

      なるほどその通りだが、毎日の事となると大変だ。ただでさえブログを書くのに小一時間掛かっているのが何時間かかるようになるかわからない。

      ただし、たとえば「アイスクリーム紹介」なんかも英語で書けば、興味を持つ読者もきっと現れるだろうとも思える。
      | 座付き作家 | 英会話で拾い話 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      0
        朝の渋谷交差点


        予想はしていたものの、実際あれほどの大差で破れると、もう『残念」とか悔しがっているレベルではないだろう。誰が呼んだか「歴代最強チーム」が一勝も出来ずにブラジルの地を去る。

        そもそもサッカーの門外漢の僕がとやかく言う事ではない。日本は己の現実を知ったのだ。

        今大会を見ていると、いわゆる「自分たちのサッカー」にこだわっているチームがことごとく敗れ去っている。筆頭は前回チャンピオンのスペイン。パスサッカーで面白いほど翻弄した前回の輝きは一体どこへ消えてしまったのか。さらにサッカー発祥の地イングランドもなすところなく姿を消した。

        日本チームは、そもそもメンバーのコンディション不良が伝えられていた。香川、本田ともに先発機会が乏しく、内田、長谷部、吉田がともに怪我が治ったばかり。それでも他のメンバーにスイッチするだけの余裕がなかったのだろう。いつもの顔ぶれ、いつものチーム。そして、いつものコメント。

        W杯に踊らされた一人としては、この結果には、やはり不満を述べさせていただかねばなるまい。

        遠藤選手のコメントで、「僕たちは20年後のサッカー選手のために戦っている」というのがあったが、この敗戦が20年後の勝利を導くものと信じたい。

        今朝は早朝英会話レッスンの日。7時まで観戦したあと、重い気分を背負って渋谷へ向かった。予想していなかったことに、渋谷は数百名の警察官が出て厳戒態勢だった。こんな朝早くどこから出て来たのか、ブルーのユニフォーム姿の若者たちがスクランブル交差点に溢れていた。興奮しているものは少なく、なんとなく悟り切ったような醒めた表情の者が多かった。

        中には、したたか飲んだとおぼしき酔っぱらいがくだまく光景も。そんなことを予見して、警察官が横断歩道を左右に分断し、右側、左側通行とし、交差点内での騒ぎを押さえ込もうとしている。これが万一勝っていたりしたら、騒ぎはこの程度では収まらなかっただろう。

        安くない青のユニフォームを購入し、今日に備えてきたサポーターたちが、再びユニフォームに袖を通す日は来るだろうか。

        そんな光景を見下ろすように、渋谷の街頭ビジョンではいつものとおりサッカー日本代表を応援する内容のCMが流れていた。

         
        | 座付き作家 | 英会話で拾い話 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        CALENDAR
        SMTWTFS
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        【お知らせ】けんぞー武者修行#1「ノート」公演
        前作「南瓜」から1年半。今回から"けんぞー武者修行"と銘打って、役者・建蔵が可能性を広げるべく挑みます。 第一弾はなんとピアニスト糸井恵理子さんをお迎えして、フランツ・リスト他の演奏とのコラボレーション。 どんな舞台になりますか、乞ご期待。 「ノート」公演概要 2014年4月5日(土)14時/18時 開場は30分前 両国門天ホール 前売り2,800円(税込)当日3,000円(税込) 出演:建蔵 糸井恵理子 作・演出 平岩モトイ ご予約:amd.ara@ezweb.ne.jp (折り返し確認メールが行きます)
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ