<< 最後のバラード | main | 大好きなオランジェ >>
0
    「グレース・オブ・モナコ」の鼻毛


    すごい映画だ。グレース・ケリーを描いた映画「グレース・オブ・モナコ」を見た。

    ニコール・キッドマンといえば嶮のある目つきがすこぶる魅力的な大女優だが、クールビューティーと称されたグレース・ケリーを演じるにはぴったりなのかもしれない。

    映画はモナコ公妃となったグレースが、国家存亡の危機を救う(?)といういささかもので、史実に基づいたドラマだそうだ。ギャガの宣伝が巧いのでだまされてしまったが、実際の映画は公妃が切り札を使って危機を乗り越えるというような派手なプロットはない。そのあたりが観客の期待を裏切るといえば裏切るのだが、そんなことどうでもよくなるほど中味が濃い映画だ。

    一言でいえばニコール・キッドマン。これに尽きる。端正な超美人のキッドマンだが、スクリーンが顔一杯になるほどのクローズアップショットに度肝を抜かれた。少し前の席で見たこともあって、視界すべてがキッドマンの顔という凄い状況になって、ある事に気がついた。

    キッドマンの鼻の穴である。あれほどの美人にしても、左右の鼻の穴の形が違うことに気がついた。もしかしたらファンの間では有名なことなのかもしれないが、彼女の左の鼻の穴の形が変形しているのだ。もちろん人間だもの、完璧に左右揃っていることはないとは思う。事実、僕の顔などはひどいもので左側と右側で全然違う。額に至っては左右で2センチほどもずれており、生え際のラインも超傾いている。顔の中心線で左側、または右側を折り畳んで合成したら、恐らく別人の顔になるだろうというほどだ。

    話を戻そう。キッドマンの顔はさすがにそんなことはなく、左右ほぼ対称。特に目は完璧だ。そんな中にあって左の鼻の穴だけがいびつなのが気になったら、もうそこしか目がいかなくなった。

    ロングショットではさすがに分からないのだが、映画の中ではここまでするかというくらい、超のつくクルーズアップが多用されるので、その度につい左の鼻の穴を見てしまう。

    そんな風に映画に熱中していたところ、後半のあるシーンで、なんとさらにクローズアップショットがあり、キッドマンの鼻の穴の中の鼻毛がバッチリ写っているのだ。白人の鼻毛なので色はブラウンだが、女優の鼻毛をスクリーンで見たのは初めて。別に悪いものを見ているわけではないのにドキドキしてしまった。いわゆる"ヘアー"を見た時以上に、である。

    僕が住んでいるあたりは空気が汚く、夏に窓をあけておくと窓枠に細かい煤煙の粒子がつく。網戸などは真っ黒になるほどだ。それを体内にいれないように鼻毛が伸びる。定期的にカットしないと知らない間に鼻毛が出ているという恥ずかしいことになりかねない。

    そもそも(青二才みたいで恥ずかしいが)妻の鼻毛を発見してひどく驚いてしまったことがあった。女性の鼻毛といえば、つげ義春のマンガで手乗り文鳥を飼う夫婦の話があって、奥さんが指に文鳥を乗せている時に文鳥が鼻毛をくちばしで抜く場面があるのだが、そこで夫が言うセリフもやはり「女にも鼻毛があるのか」だった。

    俳優さんは鼻毛が写るとまずいので抜いてしまうと聞いたことがある。スタジオでスモークを焚いたりすると、鼻毛がないから煙が直接肺に入るからつらいとも。たしかに映画でもドラマでもCMでも鼻毛はタブーだ。日本の女優で竹内結子の場合、ちょっと鼻の穴が上向きなせいで,彼女の出演した映画を見ているとやたら鼻の穴が気になる。『ストロベリーナイト』でもロングヘアーで颯爽と活躍する女性刑事役を演じてかっこよかったのだが、アップショットになるたびに鼻の穴が気になってしかたなかった記憶がある。もちろん竹内結子の鼻毛は見えなかった。よほど丁寧に処理しているのだろう。

    朝からこんなことを書いていて、自分がつくづくアホだなぁと思うが、つい目が行ってしまう場所が女性の脇の下だ。電車に乗っていてもやたら脱毛の広告が目につくということは、気にする人も多いということだろう。

    さすがにスクリーンで脇の下にちょぼちょぼということはないだけに、このキッドマンの鼻毛が見える場面は衝撃的だ。

    そんなわけで、映画のストーリー云々よりも、鼻毛のことばかりになってしまった今朝のブログ投稿である。ごめんなさい。

     
    | 座付き作家 | 映画の感想 | 07:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 07:06 | - | - | - |
      ジャワの絵画で鼻の穴が開いて強調されている作品を見た事があります。墨絵では達磨像や仙人風の老人はボサボサしわくちゃの風貌で表現されている。アフリカ等の木彫や仮面、日本でも雅楽の仮面、能面にも翁等そんな美学がある様だ…。ニコール-キッドマンもキット、ニッコリ美人の証明なんでしょうね…。
      | PineWood | 2017/01/16 5:05 AM |
      なるほど。学術的な考察、ありがとうございます。
      | 管理者 | 2017/01/17 10:25 AM |









      http://kenzosyuzo.jugem.jp/trackback/1059
      CALENDAR
      SMTWTFS
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      RECENT TRACKBACK
      【お知らせ】けんぞー武者修行#1「ノート」公演
      前作「南瓜」から1年半。今回から"けんぞー武者修行"と銘打って、役者・建蔵が可能性を広げるべく挑みます。 第一弾はなんとピアニスト糸井恵理子さんをお迎えして、フランツ・リスト他の演奏とのコラボレーション。 どんな舞台になりますか、乞ご期待。 「ノート」公演概要 2014年4月5日(土)14時/18時 開場は30分前 両国門天ホール 前売り2,800円(税込)当日3,000円(税込) 出演:建蔵 糸井恵理子 作・演出 平岩モトイ ご予約:amd.ara@ezweb.ne.jp (折り返し確認メールが行きます)
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ