<< 千本の矢 | main | 雨の土曜日の朝 >>
0
    東京マラソン、エントリー

     

    さて、東京マラソンである。

     

    僕は、これまで一度も当たったことがない。

     

    さすがに10年間連続で落選していると、このまま一生当たらないのではないかと思い始めている。

     

     

     

    同じ思いのランナーはどこにでもいるようで、今年の伊豆大島ウルトラランニングで同じ民宿に泊まった人たちと、この件でぼやいていたら、「10年めにして当選したんですよ」という方が2人もいらっしゃった。

     

    「当たる人もいるんですねぇ」と感心していたら、なんと14名の同泊者のうち、今年の東京マラソンを走った人が4人もいて、またびっくりした。

     

    どうやら東京マラソンは、「当たる人は何度も当たる」らしい。

     

     

     

     

    実際、知り合いの山ちゃん(仮称)は、これまで3度も走っている(!)。

     

    10年間で3回である。

     

    なんで山ちゃんばっかり当たるわけ?

     

    先日、飲んだ時にそのことで絡んでみたら、山ちゃんは意外なことを言った。

     

    「当たるコツがあるんですよ、ふふふ」

     

    え?まさか?

     

     

     

     

    初年度こそ、電通枠があったことは知っているが、今はどうなんだろう?

     

    (何事にも裏がある)

     

    そのコツを何度尋ねても「ふふふ」と笑うだけで、教えてくれようとしない山ちゃんである。

     

    ついつい、こちらもムキになって、山ちゃんにたらふくワインを飲ませることで、ついにそのコツを聞き出すことに成功した。

     

     

     

     

    東京マラソンに当選するコツとは何か?

     

    ふふふ、、、

     

    原資がかかっているので、そう簡単には書けないが、山ちゃん曰く、「エントリー時に○○するんですよ」だそうだ。

     

    それを聞いた時には、あまりの意外性に頭が真っ白になったが、なるほど、言われてみれば、それも一理ある。

     

    ただし、仮にそれで当選したとしても、とある難題に直面することになるが・・・

     

    うーん、どうしよう・・・・

     

    正直、当たってもなぁ、、、という気持ちと、「東京マラソンを走りたい」という気持ちが、僕の中でせめぎ合う。

     

    どっちを取るか?

     

    落選か、当選か・・・

     

     

     

    参考までに、このコツ、決して違法でも脱法でも不正でもない。

     

    法律的にも道義的にも真っ白け。

     

    警察に事情聴取されることもないし、今後エントリー禁止になることもない。

     

    ただ、どうしてもある条件を背負いこむことだけはさけられない。

     

     

     

    結局どうしたか。

     

    コツを使わせていただきましたよ、ええ、しっかりとね。

     

    それで当選するかどうかは、結果発表を待つしかないのだが、秘伝を使ったので、今年こそ当選しちゃいそうな気がしてならない。

     

    発表は、後日、このブログで。

     

     

    | 座付き作家 | ランニング | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 06:26 | - | - | - |









      http://kenzosyuzo.jugem.jp/trackback/2151
      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      RECENT TRACKBACK
      【お知らせ】けんぞー武者修行#1「ノート」公演
      前作「南瓜」から1年半。今回から"けんぞー武者修行"と銘打って、役者・建蔵が可能性を広げるべく挑みます。 第一弾はなんとピアニスト糸井恵理子さんをお迎えして、フランツ・リスト他の演奏とのコラボレーション。 どんな舞台になりますか、乞ご期待。 「ノート」公演概要 2014年4月5日(土)14時/18時 開場は30分前 両国門天ホール 前売り2,800円(税込)当日3,000円(税込) 出演:建蔵 糸井恵理子 作・演出 平岩モトイ ご予約:amd.ara@ezweb.ne.jp (折り返し確認メールが行きます)
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ